老眼対策サプリといえば「えんきん」

機能性表示食品のえんきんは、臨床試験により近くのピント調整力を改善するという結果が出ています。このサプリは、老眼の症状である近くのものが見えにくい、ぼやけるなどの症状を改善させ、結果的に肩、首周辺の疲労を軽減させます。

 

目に効くサプリ「えんきん」

 

昨今では一人一台スマートフォンを持っているのが当たり前になっています。また、パソコンの長時間の使用などにより、目の不調を訴える方が増えてきています。小さい頃は視力が良かった方でも、スマートフォンやパソコンの影響により目の疲れや視界がぼやけるなどの症状が出ています。それらはブルーライトの影響とも考えられます。

 

このように、今まで以上に目を酷使する時代になっているからこそ、目のケアを大切にする必要があります。そのような意識が多くの方に浸透してきているのか、目に効果のあるえんきんはランキングの上位に入っています。このえんきんは、目に効果のある成分が入っているので、飲むだけで疲れ目の改善、ドライアイの改善、網膜の保護、視力の向上といった効果が期待できます。

 

実際に、飲んだことのある方のコメントは、「目が疲れにくくなった」「前よりも視力が良くなった」など効果を実感している方が多数います。もちろん、効果には個人差がありますが、多くの方に効果を出しているのは間違いありません。

 

目には目に必要な栄養素がありますが、えんきんにはその栄養素がしっかり含まれています。サプリという形になっているので、手軽に飲めるのも良い点の一つです。目に効果があると有名なブルーベリーは、目のサプリメントの多くに使用されていて、ほとんどが主成分として含まれています。

 

えんきんを飲んで老眼対策

 

老眼の方は少しの字を読むときにも、老眼鏡をかけなくてはいけません。この老眼鏡をかけるという動作が面倒と感じる方が多いようです。この面倒な動作から開放されるには、老眼治療のCK手術を受けることです。

 

CK手術はメスを使用しない為、安全性が高いです。しかし、角膜に高周波を当てることで、角膜のカーブを矯正するので、少し危険を伴うとも言えます。飲むだけのサプリであるえんきんは安心して老眼対策をすることができます。

 

CK手術は5分から10分程度で終わるため、麻酔の効果で手術中は痛みを感じることはありません。その後、麻酔が切れてからは目に違和感を感じるようになります。目がごろごろしているような感覚がしばらく続いてしまいます。また、手術後すぐに視力が良くなっているわけではなく、数週間後に視力が回復したと言える状態になります。完全に視力が回復するまでは、今まで以上に転倒に注意する必要があります。

 

CK手術の直後から、いつも通り生活を送ることができますが、すぐにパソコンを使用することはできません。そのため、仕事でパソコンを使用をする方は、すぐに仕事に復帰することはできません。一番注意が必要なことは、手術後の1週間は感染症にかかりやすい状態にあるということです。この状態のときは、目に不衛生なものは絶対に入れてはいけないので、化粧もしてはいけないということになります。

 

CK手術ができる医者は限られています。アメリカで研修を受けることや、その他に厳しい条件をクリアしている医師のみ手術を行うことができます。そのため、技術面は心配がありませんが、日本での歴史はまだまだ浅いので、今後様々な問題点が出てくる可能性があります。実際には、後遺症やその他のトラブルは発表されていません。このように、日本ではまだCK手術の歴史が浅いため、もし受ける場合にはメリットデメリットを考えた上で手術を受けるようにしましょう。また、経験豊富な医者に手術をしてもらえると安心できるかもしれません。